サイトマップ

ビールで水分補給は危険?美味しくても注意したいポイントとは

   

気温が高くなると、よく冷えたビールを飲んでのどを潤したくなる人も多いはずです。

ビールで水分補給は危険?美味しくても注意したいポイントとは

ただし、水分補給のつもりで飲んでも、アルコール分を含んだドリンクはすぐに体の外に排出される点に注意が必要です。

水分やミネラルは別に補う必要があるのです。

夏か近づき、気温が高い日が増えるとビールが恋しくなるという人が増えます。

仕事帰りのビールが楽しみで、より美味しく感じるという人も多いのです。ただし、アルコールには利尿作用がある点に注意が必要です。

取った水分以上に排出される可能性があるため、水分補給に向かない面があるのです。

夏はビールが恋しく、美味しくなる季節

気温が高くなると良く冷えたビールが飲みたくなる人は増えてきます。独特の苦味やのど越しがたまらないという人も多く、汗をかく季節ほど爽快感は増します。

特に夏は各地にビアガーデンがオープンするなどビールを飲める場所は増える傾向にあります。

ビールが愛される理由の一つがその手軽さです。本格的なビールはある程度値段がするものの、発泡酒やビール風飲料など代替の商品も多く開発されていて、安く購入することができます。

気取らずに飲めるのもポイントで、肉類や揚げ物とあわせても違和感がないのも魅力になっています。ビールを飲むと食欲が増すという人も珍しくなく、世界中で愛される飲み物の一つなのです。

美味しくてもアルコールの飲みすぎには注意が必要

美味しくてついつい飲んでしまいがちなビールですが、飲みすぎには注意が必要です。焼酎や日本酒と比べればアルコール度数は低いものの、ビールは立派なアルコールです。

美味しくてもアルコールの飲みすぎには注意が必要

疲労がたまった状態だとアルコールが回りやすく、体調を崩す原因となることもあります。

冷たいビールを飲めば、それだけ体も冷えます。気温が高い状態で冷たい飲み物を飲みすぎると、体の内側と外側の温度差が激しくなり、体への負担が増します。

お腹を壊してしまう場合や、夏風邪の原因とならないようにある程度量を調整する必要があるのです。飲みすぎたと思う前に、気持ちが良いところで止めるのも大切なことなのです。

アルコールには利尿作用がある点に注意

汗をかき、のどが渇いた状態でビールを飲む時も注意が必要になります。アルコールには利尿作用があります。一時的にのどを潤しても、時間がたつと尿で排出される量が多くなってしまうのです。

ビールのみで水分を補給するのは危険で、水やウーロン茶を挟むなど工夫をする必要があるのです。

人のペースに合わせるのも危険で、会社の飲み会であってもある程度加減をする必要があります。人によってアルコールの分解能力が異なるだけでなく、その日の調子によってもどれだけのめるかは異なるためです。

他人と張り合っても体を壊す原因となるため、無理をしないことも重要です。大量に汗をかいた状態でアルコールを摂取すれば急性アルコール中毒の危険性が増すため、自制心も大切になります。

ミネラル分はしっかりと補給した方が良い

アルコールを飲んだ後はしっかりとミネラルを補給した方が良く、翌日にお酒を残さないためのコツにもなっています。

ミネラル分はしっかりと補給した方が良い

ミネラルはアルコールの分解のために消費されるものもあるため、意図的に補給した方が良いのです。

おすすめなのは青汁の利用で、バランスよく体に必要なミネラルを補うことができます。

ビールとあわせる食事をしっかり考えれば青汁などに頼らなくても大丈夫なケースはあります。しかし、アルコールを入れるとどうしても濃い味のものが欲しくなり、栄養バランスよりも満足度を優先しがちです。

青汁には日常的に不足しがちな野菜が多く使われていて、使ビールを飲まない時でも健康目的で利用でき無駄がないのです。

 - コラム