サイトマップ
一日のうちにいつ飲んでも良い青汁。毎朝起き掛けに飲む人もいれば、おやつ替わりに、寝る前にという人もいるのではないでしょうか。好きなタイミングや飲む時間を決めることも良いですが、できる事ならダイエット効果を最大に引き出したいですよね。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁で痩せたいならこのタイミングで飲むべき!

青汁なのに飲みやすくフルーティーで栄養満点、しかもローカロリーなめっちゃたっぷりフルーツ青汁。食物繊維やビタミンミネラルが豊富な「明日葉」「クマザサ」「モリンガ」を主原料とし、フルーツ11種、野菜11種のエキスをたっぷりと配合。さらに8種のビタミンと9種のミネラルに、代謝を高める149種類の酵素。

生きて腸まで届く乳酸菌が18,000,000個。そして美容効果の高いプラセンタ。これだけ盛り沢山の成分が一杯の中にぎゅっと詰まっています。

一食置き換えダイエットをするなら断然朝ごはんの代わりに飲むのがおすすめ。寝ている間にエネルギー消費しているので、体が新しいエネルギーを欲している朝にフルーツ青汁で栄養補給を。冷たいものをいきなり飲むと胃に負担がかかるので、常温かぬるめの状態にしてゆっくりと飲むと良いですよ。

ダイエット効果を期待するなら朝食前に飲むのがいちばん

一食置き換えダイエットだとお腹がすいて逆に食べ過ぎてしまう人は食前にめっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲むのがおすすめ。豊富に含まれている食物繊維が満腹中枢を刺激するため、食前に飲むと空腹感が抑えられ沢山食べてしまの事を防ぎます。お腹が空いた状態でご飯を食べると、体が食べたものをより多く吸収しようとして血糖値が急激に上がります。

この血糖値の急上昇はダイエットの天敵。食べれば食べた分だけ脂肪が体に蓄えられてしまうんです。

フルーツ青汁の成分の多くは野菜。食事のはじめに野菜を食べると、血糖値の上昇が緩やかになり、そのあと食べた食事のカロリー吸収を控える効果が。朝・昼・晩と飲む時間はどのタイミングでも効果的ですが、一番は朝食の前に飲むこと。ご飯を食べる30分から1時間くらい前に飲んでおくのがおすすめです。

飲む時間を食後にすると健康促進効果がアップする?

ダイエット効果を期待するよりも、めっちゃたっぷりフルーツ青汁の栄養をしっかりと取り込みたい時は食後に飲むのがおすすめ。

栄養成分の中には乳酸菌も含まれているめっちゃたっぷりフルーツ青汁。生きて腸まで届きやすい乳酸菌が1800万個配合されているとはいえ、胃酸の分泌が多くなる食前よりも食後を選んで飲む方がベスト。腸内環境を整えたい人は飲む時間を意識してみて下さいね。

青汁の食物繊維の効果で便秘解消をしたい人は朝と晩のどちらに飲むのが良いのでしょうか。結論から言えば便秘解消効果に関しては大きな差はないでしょう。ただし、どちらかと言えば朝起きがけの方がおすすめ。

就寝前に青汁を飲むと、食物繊維の働きで腸のぜん道運動が活発化。そのせいで寝苦しくなる可能性があります。良質な睡眠をとることができないと体調不良の原因に。出来れば寝る前に飲むのは避けたいところです。

飲む時間を決めたら習慣にするのがダイエット成功への道

体の消化吸収効果を利用して飲む時間を工夫すればダイエット効果は格段にアップします。

でも大切なのは一時的なもので終わらせずに習慣化して継続する事。毎日飲むものだから、美味しく楽しみながら続けたいですよね。めっちゃたっぷりフルーツ青汁はクセのない味わいなので色々な飲み物や食べ物との相性が良く、味にバリエーションがつけやすいのが魅力。牛乳や豆乳で割れば抹茶フルーツミルク風味のミルキーな味わいに。

ヨーグルトに混ぜれば乳酸菌の相乗効果が。王道のプレーンヨーグルトだけでなくフルーツヨーグルトもおすすめです。甘いものが欲しい時にはアイスクリームに混ぜても。その際にローカロリーアイスを選べば罪悪感なく食べられます。

以上、めっちゃたっぷりフルーツ青汁で痩せたいならこのタイミングで飲むべき!...という新着トピックでした。

公開日: